MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

注文書(将来債権)ファクタリングとは?注文書を現金化できるファクタリング会社

注文書ファクタリングとは

当サイト「ファクタリング情報センター」は安心してファクタリングを利用する為の情報サイトです。
ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが直接取材や公式HP、金融庁法務省のHP等、信頼できる情報ソースを元に行政書士や弁護士の監修を受けた上でコンテンツを制作しています。詳細はこちら

ファクタリングは近年、経済産業省から推奨されている資金繰り改善の方法として、中小企業を中心に幅広く利用されるようになりました。

しかし、従来の請求書ファクタリングは受注した案件の完了後に送られてくる請求書を対象とした売掛債権の買取のみ。

受注した案件のために必要な物品を購入したり、人件費を払ったり…など業務を始める前のの資金調達について頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、案件を受注し、注文書や発注書を受け取った時点で資金調達ができる「注文書ファクタリングについての解説、また、注文書ファクタリングが可能なおすすめのファクタリング会社も一部ご紹介します。

是非参考にしてください。

ファクタリングをそもそも良く分かっていないという方はまず下記記事も参照ください。

目次

注文書ファクタリングとは?

注文書ファクタリングとは

注文書ファクタリングとは、商品やサービスの受注後に受け取る注文書を買い取ってもらい資金調達するサービスです。

従来のファクタリングでは、ファクタリング業者と申込者で契約を結ぶ「2社間」と、さらに取引先を交えた「3社間」がありますが、注文書ファクタリングでは基本的に「2社間」の仕組みをとっています。

買取対象は「注文書」ですが、業種によっては注文書ではなく「発注書」と呼ばれることもあるため「発注書」も買取対象す。

取引方法注文書ファクタリング請求書ファクタリング(2社間)
買取対象注文書、発注書請求書
資金調達のタイミング仕事を受注した時点仕事が完了した時点
取引先への通知なしなし
手数料請求書ファクタリングの+2%〜10%〜20%
支払いサイト最大180日最大90日

下の表で注文書ファクタリングと請求書ファクタリング(2社間)の違いを表にまとめました。

大きな違いは、買取対象資金調達のタイミングです。

案件に着手する前に資金調達をするか、着手後に資金調達をするか、現金化までの日数が両者と比較して平均3ヶ月以上変わります。

その代わり、注文書ファクタリングは請求書ファクタリングに比べて、手数料が少し高めに設定されています。

注文書ファクタリングのメリット

注文書ファクタリングのメリット

仕事を受注した時点で資金調達が可能な「注文書ファクタリング」。

メリットを4つ挙げていきます。

注文書ファクタリングのメリット
  • 資金調達までが早いため諦めていた案件に着手できる
  • 入金サイクルを短縮できる
  • 売掛先にバレずにファクタリングの利用ができる
  • 売掛金が回収できなくても買い戻しの義務がない

資金調達までが早いため諦めていた案件に着手できる

請求書ファクタリングと違い、注文書ファクタリングは案件の着手前に資金を手にすることができます。

そのため、「大きな案件が舞い込んできたけど、遂行するのに必要な資金が足りない…」「下請けを確保したいけど人件費が用意できない…」といった資金面での不安を、注文書ファクタリングを利用することで解消できます。

入金サイクルを短縮できる

注文書ファクタリングは入金サイクルを最大180日短縮することが可能です。

請求書ファクタリングは、請求書が発行されてから入金されるまでの期間がおよそ2〜3ヶ月です。そのため、もし月初に発行した請求書が翌月末の入金であれば、約60日ほどの短縮となります。

これに対し、注文書ファクタリングは仕事を受注し、実際に着手する前に現金化しますので、最大180日短縮されます。請求書ファクタリングと比べても大幅に短くなるのが特徴です。

売掛先にバレずにファクタリングの利用ができる

注文書ファクタリングは、2社間での請求書ファクタリングと同様、売掛先に知られずにファクタリングの利用ができます。

「取引先にファクタリングの利用を知られてしまったら信用低下につながりかねない」といった不安も、注文書ファクタリングであれば心配なく資金調達ができます。

売掛金が回収できなくても買い戻しの義務がない

ファクタリングを利用する際、もし償還請求権(ノンリコース)のあるファクタリングを利用していた場合、売掛先が倒産してしまったら申込者に売掛債権が差し戻されてしまいます。

そうなると、申込者自身が未払い分のリスクを負うこととなります。

ファクタリングを行っている優良な業者は、基本的に償還請求権のない契約となります。

注文書ファクタリングにおいても、請求書ファクタリング同様、ファクタリング業者が未回収のリスクも考慮した上で審査をしているため、安心して利用ができるといえるでしょう。

注文書ファクタリングのデメリット

注文書ファクタリングのデメリット

請求書ファクタリングよりも入金サイクルがグッと短くなり、資金繰りが大きく改善できる期待がある注文書ファクタリングですが、デメリットがいくつかあります。

注文書ファクタリングのデメリット
  • 審査が厳しめ
  • 手数料が高め
  • 取り扱っている業者がまだ少ない

審査が厳しめ

入金サイクルが大幅に短縮される注文書ファクタリングは、従来の請求書ファクタリングと比べて審査は厳しめです。

なぜなら仕事の受注から入金完了までの期間が長いため、相手先企業が途中で発注を取りやめたりしないか、依頼内容が途中で変更されないか、請求書ファクタリングと比べリスクが高いからです。

そのため、入金サイクルが短めである請求書ファクタリングに比べ、やや審査は厳しめの傾向にあります。

手数料が高め

注文書ファクタリングは請求書ファクタリングと比べて手数料が高めです。

理由としては、審査が厳しいことと同様、売掛金の回収時期が大幅に遅くなること、債権の回収リスクが高いことが挙げられます。

売掛金の回収時期が遅くなるということは、その間に売掛先が倒産してしまう可能性もありますし、利用者自身の資金繰りが悪くなってしまうこともあるかもしれません。

こうした債権回収不能のリスクに備えるためには、手数料を高めに設定しておく必要があるためです。

両者を比べてどのくらい手数料が高いかですが、業者によって差はありますが、冒頭の比較表でも出したように、+2〜5%程度となります。

注文書ファクタリングを取り扱っている業者がまだ少ない

請求書ファクタリングに比べて、注文書ファクタリングはまだ歴史が浅く、そもそも取り扱っている業者が少なめです。

ファクタリングを利用する際は相見積もりで、手数料や現金化の金額を比較することもありますが、請求書ファクタリングに比べて比較しにくいのが難点です。

次の項目で、実際に注文書ファクタリングを取り扱っている優良業者を紹介します。

注文書ファクタリングのおすすめ優良業者

注文書ファクタリングおすすめ優良業者

注文書ファクタリングを取り扱っているおすすめの業者を3社ピックアップしました。

歴史の浅い注文書ファクタリングですが、すでに多くの中小企業と契約を結んでいる業者をご紹介します。

スクロールできます
サービス名特徴手数料入金スピード対象取扱サービス最低買取額最大買取額
マネーフォワードアーリーペイメント
公式サイト
東証プライム上場企業の100%小会社
手数料が安い
1%~10%最短2営業日
(初回5営業日)
法人のみ2社間ファクタリング30万円数億円
ビートレーディングlogo
公式サイト
業界大手・実績多数記載なし 最短即日
(審査最短30分)
法人
個人事業主
フリーランス
2社間/3社間10万円7億円

公式サイト
建設業特化
スマホのみで完結
5%~最短2時間法人
個人事業主
フリーランス
2社間20万円数千万円
ベストペイ
公式サイト
契約時にはご面談必須5%~ 最短翌日 法人
個人事業主
フリーランス
2社間100万円3億円

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

【信頼性No1】マネーフォワード アーリーペイメント

マネーフォワードアーリーペイメント
マネーフォワード アーリーペイメント
メリット
  • 法人のみ利用可能
  • 手数料は1~10%と安い
  • 数億円規模の取引も可能
  • 来店不要・オンライン完結で全国対応
  • 請求書ではなく注文書でのファクタリングも可能
  • 東証プライム上場企業の100%小会社で信用度が高い
デメリット
  • 法人のみ対応
  • 初回利用は最短5営業日、2回目以降は最短2営業日

マネーフォワード アーリーペイメントは、東証プライム上場企業「マネーフォワード」の100%小会社のファクタリング業者です。上場企業の子会社なので企業の信頼性は高く「安心してファクタリングを利用したい」という方には特におすすめのサービスです

それだけにマネーフォワード アーリーペイメントは売掛債権の最高買取額が「数億円」と、ファクタリング業界でもトップクラスの買取上限額となっており、さらに注文書でもファクタリング可能です。

利用できるのは法人のみ、また入金までのスピードが他ファクタリング会社と比較して遅めという点には注意ですが、手数料が安く、安心して使えるのでおすすめです。

東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

ビートレーディング

ビートレーディング
メリット
  • ファクタリング業界大手・実績多数
  • 全国対応
  • 数億円規模の取引も可能
  • 法人・個人どちらも対応可
  • 2社間、3社間どちらにも対応可
デメリット
  • 手数料が公式サイトに明記されていないので要確認

ビートレーディングは2012年に設立した老舗のファクタリング業者です。

これまでに取扱件数3.7万社、累計取扱だか900億円と業界でもトップクラス。

東京、仙台、大阪、福岡に拠点があるため、地方在住の方でも面談が必要であればビートレーディング側から訪社してもらえますし、オンラインでの対応も可能です。

\ 業界最大手・実績多数で安心! 見積もり無料!/

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

けんせつくん(※建設業特化)

けんせつくん
けんせつくん
メリット
  • 最短2時間入金
  • 手数料5%~
  • 法人・個人どちらも対応可
  • LINEで申込可。オンライン完結。
  • 少額取引OK(下限無し)
  • 全国対応
  • 代表が建設業界出身。建設業ならではの用語や慣習に関して熟知しており柔軟に対応可能
デメリット
  • 建設業特化

けんせつくんは株式会社ウィットが運営する建設業に特化したファクタリングサービスで、スマホのみで簡単に申込ができ全国対応(メールではなくLINEでもOK)、入金スピードも最短2時間とかなり好条件なファクタリング会社です。

建設業に特化している為、建設業業界に精通しており、「税金滞納」や「赤字決算」の状態でも柔軟な対応をしてくれます。

非常に優秀なファクタリング会社ですが、建設業に完全特化しいる分、それ以外のファクタリングには恐らく対応していないのでその点だけ注意しましょう。

\スマホ1つで簡単契約!建設業界ならイチオシ!/

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

BEST PAY(ベストペイ)

BEST PAY(ベストペイ)
メリット
  • 手数料5%~
  • 法人・個人どちらも対応可
  • 最短翌日入金
  • 依頼企業の倒産リスクがなければ基本的には審査が通る
デメリット
  • 面談が必要

ベストペイは、請求書ファクタリングで有名な「ベストファクター」を運営している「株式会社アレシア」による注文書ファクタリング専用のサービスです。

最短翌日入金、発注者の承諾不要、償還請求権のない契約のため補償のリスクがありません。

契約時には面談が必要になるので、ベストペイへ出向くか訪問してもらう必要があります。

依頼企業の倒産リスクがなければ基本的には審査が通るとの事なので、自社の経営状況が良くなくても気にせず利用できます。

※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK

注文書ファクタリングについてのまとめ

注文書ファクタリングまとめ

注文書ファクタリングは従来のファクタリングよりも支払いサイトが短く、つなぎ資金として有効に活用することができます。

注文書ファクタリングの仕組みとしては2社間が基本のため、取引先に知られる心配もありません。また、償還請求権がない契約ですので、万が一、売掛金が回収できない場合でも申込者自身が金銭的リスクを追うことはありません。

ただし、注文書ファクタリングは請求書ファクタリングに比べて手数料が高めに設定されていることも。資金調達は便利になりますが、支払いサイトが長いとその間に資金繰りが悪化する恐れもあります。

注文書ファクタリングを検討中の方は、ぜひ計画的な利用をおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次