MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

PAYTODAYを取材!強みや審査の注意点、今後の展望など色々聞いてみた!

PAYTODAY取材

当サイト「ファクタリング情報センター」は安心してファクタリングを利用する為の情報サイトです。
ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが直接取材や公式HP、金融庁法務省のHP等、信頼できる情報ソースを元に行政書士や弁護士の監修を受けた上でコンテンツを制作しています。詳細はこちら

  • ビジネスチャンスが来たのですぐに資金調達したい!
  • 近辺にファクタリング会社がなく出向いていたら間に合わない
  • このご時世だし対面ではなくオンラインで済ませたい!

近年、では上記のような状況の方でも利用できるオンラインファクタリング会社が増え、インターネットとPC/スマホさえあればファクタリングが可能になりました。

しかし、一言でオンラインファクタリングといってもファクタリング会社は数多くあり、どのファクタリング会社が良いか悩まれる方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、最近急成長を遂げているAIファクタリング会社、PAYTODAY様にインタビューする機会を頂きました!

PAYTODAYの創業経緯、オンラインでのファクタリングについて、サービスのメリットや注意点など色々インタビューさせて頂きましたので、オンラインファクタリングを検討している方は是非参考にしてください。

この記事の簡単なまとめ
  • PAYTODAY強みは「即日に拘る最短30分の入金スピード」「オンラインで全てのやり取りが完結」「手数料が1%~と低く、上限も9.5%まで
  • ファクタリングは「ビジネスチャンス>ファクタリング手数料」の時に使うのがベスト
  • 今後の展望はファクタリングの認知だけではなく上手な使い方までもっと広めていきたい
PAYTODAY

\ 業界1の早さと安さ!審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

関連記事
目次

Q1:PAYTODAYがファクタリングサービスを提供するに至った経緯は?

PAYTODAYインタビュー1
本日はインタビューの機会を設けて頂きありがとうございます!まず最初に、御社でファクタリングサービスを提供するに至った経緯は何でしょうか。

元々弊社Dual Life Partners株式会社は、「個人のライフスタイルの選択肢を増やす」をミッションに創業しました。

個人事業主やフリーランスがビジネスの為に資金調達を行う場合、現在では銀行融資や消費者金融が主流です。ただ融資は資金調達までの期間が長く、事業が急激に伸びた際は運転資金不足に悩まされてしまいます。

そこで、もっと個人でもスピーディに資金調達ができるファクタリングサービスを提供しようと考え、PAYTODAY事業をスタートしました。その後、運営していくうちに法人の方への資金調達のニーズもかなりあると気が付き、法人へのサービスも提供するようになりました。

法人でも個人でもビジネスチャンスがあるのに資金が足りず着手できないというのは非常にもったいないことなので、当社がその一助を担えればと思っています。

Q2:PAYTODAYの強みは?

PAYTODAYの強みを教えてください。

PAYTODAY強みは「即日に拘る最短30分の入金スピード」「オンラインで全てのやり取りが完結」「手数料が低く、手数料上限も9.5%と安く設定している」という点です。

また、ファクタリングサービスは貸金業登録をする必要はないのですが、弊社ではコンプライアンスを厳守する為にあえて取得していたり、女性でも使いやすい安心感、透明感のあるサービスを心がけています

確かに入金スピードの早さと手数料の安さは他社サービスと比較しても群を抜いてますよね!このような背景にはどのような意図や工夫があるのでしょうか。

弊社は、審査から買取まで全てオンラインで完結させ、更に審査の一部はAIで半自動化したりと、工数を最小限に抑えることによって、スピーディーな入金と手数料の低さを実現しています。 

手数料上限に関しては理由が2つあって、1つはファクタリングはまだあまり世間に浸透しておらず、闇金」といった誤解や「怖い」「怪しい」というイメージが先行しやすい状況を変えたかったからです。

弊社はファクタリングを安心して利用できる資金調達の1つの手段としてもっと広まってほしいという思いから、手数料を1%~9.5%という低価格に設定し、更に上限を決めることで透明性を保っています

もう1つは「事業を成長させるためにあまりコストを使ってほしくない」という事です。どうしても手数料15~20%もとってしまうと事業の成長スピードが鈍化してしまうんですよね…。弊社は「資金を投入すれば売上が増える状況」であるお客様に対してのファクタリングにほぼ特化してるのでこの金額が可能なってます。

こんなこと言うのはちょっと変なんですが、いずれはファクタリングを卒業できるくらい事業が安定してもらえればと思ってます(笑)

Q3:ファクタリングを利用する際の注意点やアドバイスは?

御社は、ファクタリングを資金調達の一種としてもっと広めたいという仰っておりましたが、ファクタリング初心者の方に何かファクタリングを利用する際のアドバイスはありますでしょうか。

まずファクタリングの大きな特徴として「融資と比較して手数料は高め」、「その代わり短時間(即日~数日間)で資金調達ができる」といった特徴があります。

そのため、融資と同じ感覚で利用するのではなく、「広告費や外注費を投入すれば売上が増加するチャンスだが資金がない」といった、「ビジネスチャンスにより得られる収益がファクタリング手数料を上回る状況」で利用するのが一番効果的です。

反対に、「生活費」「事務所移転費用」など、直接的、短期的な売上増加に繋がるわけではない場面での利用はあまりおすすめできません。

あくまで、「融資では間に合わず、かつ資金投入で売上増加に繋がる状況」での利用をおすすめします。

Q4:PAYTODAYの審査の注意点やアドバイスは?

次に、御社を利用する際の審査についての注意点やアドバイスはありますでしょうか。

弊社ではAIによる審査を行っており、スムーズに進める上では次の2つが重要です。

  • 必要書類に不備がないよう、きちんと提出する
  • ビジネス口座でビジネスと関係ない取引を行わない

これらをきちんと行って頂ければすぐに与信審査が可能となりますので、資金調達スピードが大幅に上がります。

反対に書類に不備があったり、新規取引先への請求書の場合はマニュアル審査に切り替わりますので、少々お時間を頂く場合があります。ただ、この場合でも原則即日振込は可能です。

できれば信用度の高い会社への請求書や反復継続取引のある会社への請求書だとより審査に通る確率は上がります

あと、たまにいらっしゃるのですが申請理由が競馬などギャンブルの為だった場合、審査は通らないと思ってください(笑)

Q6:PAYTODAYの今後の展望

PAYTODAYインタビュー3
PAYTODAYの今後の展望を教えてください!

今後の展望として、ファクタリングの認知度をもっと上げたいと考えています。
それも単なる認知度ではなく、ファクタリングの正しい使い方まで広めたいです。

現在日本中の中の経営者の中でも10%くらいしかファクタリングというものを知りません。また、その中の更に10%くらいしか効果的な使い方を知らない印象です。

ファクタリングは効果的に使えば事業を大きく成長させる事ができるため、経営者なら誰もがファクタリングを資金調達の手段の一つとして知っているという世の中を目指しています。なので最近は弊社のオウンドメディアや他のWebメディアでもファクタリング及びその正しい使い方の情報発信に力を入れています。

Q7:PAYTODAYから読者へ

最後に、読者へ伝えたいことなどがあればお教えください!

弊社にご興味頂き誠にありがとうございます。

事業と資金調達は両輪なので、当然事業の成長スピードが早ければ、資金調達もスピード感を持ってやる必要が出てくると思います。その時にファクタリングを1つのツールとして利用頂けると嬉しいです。

資金調達の選択肢の1つとして検討したい方は是非お気軽にご相談ください。

インタビューを終えて

PAYTODAY様、インタビューの機会を頂きありがとうございました!

インタビュー内容でも分かるかと思いますが、筆者の感想としては「もの凄くクリーンな運営を心掛けているファクタリング会社だなという印象を受けました。

筆者は「手数料2%~とHP に表記されていて安いと思い依頼したら実際には15%を超える予想以上の手数料を取られてしまった」というファクタリング利用者の声は結構耳にしたので、「手数料上限を設定し透明性・信頼性を担保」というPAYTODAYさんの話にはかなり共感でき、大変興味深かったです。

PAYTODAYの強みである「即日に拘る最短30分の入金スピード」「オンラインで全てのやり取りが完結」「手数料が低く、手数料上限も9.5%」というのはファクタリング利用者にとってかなりメリットが大きいです。

「ビジネスチャンスが来たけど資金不足で着手できない!」といった状況でお悩みの方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

また、PAYTODAYはオウンドメディアでファクタリングに関する情報発信をしています。

参考になる記事も多いので、こちらも興味あれば是非読んでみる事をおすすめします。

あなたのファクタリング会社選びの参考になりましたら幸いです。

PAYTODAY

\ 業界1の早さと安さ!審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

企業情報詳細

商号Dual Life Partners株式会社
設立日平成28年4月
代表取締役矢野 名都子
本社所在地東京都港区南青山2-2-6ラセーナ南青山7F
TEL03-6721-0799
FAX03-6721-0726
MAILsupport@duallife-partners.com
事業内容居住用住居の仲介
売買投資用不動産の仲介
売買不動産物件管理
地主様へのコンサルティング
ライフスタイルコンサルティング
メディア事業
宅建建物取引業者 東京都知事(1)第99415号
貸金業登録番号 東京都知事(1)第31830号
日本貸金業協会会員 第006154号
PAYTODAYの特徴
サービスPAYTODAY
手数料 1~9.5%
入金スピード 最短30分
オンライン対応
対応地域 全国
対象 法人、個人事業主、フリーランス
取扱サービス 2社間ファクタリング(取引先へ通知不要)
最低買取額 10万円
最大買取額 なし(※確認済み)

\ 業界1の早さと安さ!登録&審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次