MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

OLTA(オルタ)の特徴や口コミ、評判【ファクタリング】

OLTA

当サイト「ファクタリング情報センター」は安心してファクタリングを利用する為の情報サイトです。
ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが直接取材や公式HP、金融庁法務省のHP等、信頼できる情報ソースを元に行政書士や弁護士の監修を受けた上でコンテンツを制作しています。詳細はこちら

OLTAはオンライン完結型のAIファクタリングサービスです。

インターネットがあれば面談不要で手続きが済ませられるため、初めてファクタリングを利用する人でも使いやすいと評判です。

今回はOLTAのファクタリングサービスについて概要や良い評判・悪い評判をまとめました。

資金繰りが厳しくてファクタリングの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事の簡単なまとめ
  • 中小企業経営者、個人事業主・フリーランスに使いやすいファクタリングNo.1に選ばれた(※日本マーケティングリサーチ機構調べ)
  • 上限手数料9%でファクタリングが初めての人でも安心!
  • 請求書の買取額の制限がない!

\AI審査で面談なし即日入金!手数料業界最安!/

OLTAと特徴が似たファクタリング会社は下記でも紹介しています。

目次

OLTA(オルタ)とは?どんなファクタリングサービス?

OLTA(オルタ)は2017年に設立と歴史はまだ浅いですが、累計申込金額は400億円、提携銀行数は業界No1と急成長を遂げているファクタリング会社です。

中小企業経営者や個人事業主・フリーランスも使いやすいオンライン型ファクタリングとしてNo1に選ばれました。(※日本マーケティングリサーチ機構調べ)

No1に選ばれた理由として、開業したばかりでも4か月の入金実績があればファクタリングを利用できるなど、柔軟な姿勢が評価されている点が挙げられます。

ここだけは押さえておきたい! OLTA(オルタ)の特徴

お忙しい方の為にまずは特徴を簡潔に記載します。

もし気になりましたら無料見積もりをしてみてください。

OLTA(オルタ)の特徴
OLTA
メリット
  • ファクタリングの中でも手数料が圧倒的に安い
  • 請求書の買取金額に制限がない
  • AI審査でスピーディーな振込を実現
  • 2社間ファクタリングのため取引先に知られない
  • 個人事業主・フリーランスでも利用できる
デメリット
  • 審査がやや厳しく、状況によっては電話インタビューがある
サービス
手数料 2~9%
入金スピード 最短即日振込
オンライン対応
対応地域 全国
対象 法人、個人事業主、フリーランス
取扱サービス 2社間ファクタリング(取引先へ通知不要)
最低買取額 下限なし
最大買取額 上限なし

\ AI審査で面談無し即日入金!手数料業界最安! /

企業情報詳細

商号OLTA株式会社
設立日2017年4月14日
代表取締役澤岻 優紀
本社所在地〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号 VORT南青山Ⅱ3階
TEL03-4405-0980
MAILsupport@olta.co.jp
事業内容クラウドファクタリング事業
与信モデルの企画・開発・提供

OLTA(オルタ)の良い評判・注目ポイント

OLTAの良い評判をまとめました。

他社ファクタリングと悩んでいる人は比較ポイントとしてチェックしてください。

ファクタリングの中でも手数料が圧倒的に安い

OLTAのファクタリング利用手数料は2%~9%です。この手数料はファクタリング業者の中でもかなり安い部類に入ります。

他のファクタリング業者では手数料が安くても、債権譲渡登記の費用がかかってしまったり、印紙代が必要となったり、手数料以外の諸経費が発生することも珍しくありません。

OLTAでは手数料の中にすべての費用が含まれています

それでも2%~9%という低い手数料で利用できるのは、オンラインで完結する手続きやAI審査を用いることによってコストを抑えているというのが理由に挙げられます。

請求書の買取金額に制限がない

OLTAのクラウドファンディングでは請求書の買取金額に制限を設けていません

他のファクタリング業者では買取金額の下限が10万円~が相場となっています。

とはいえ最近では個人事業主やフリーランスも使えるファクタリングが増えてきており、買取金額の下限が10万円未満を下回る業者もあります。

その中でもOLTAは1万円程度での請求書の買取もしてくれるため、副業をする会社員でも利用しやすいと評判です。

AI審査でスピーディーな振込を実現

OLTAのファクタリングはオンライン上で全て完結します。

従来のファクタリングでは面談が必要だったり、必要書類の送付に郵送を指示されることがあったりと現金化までに日数がかかってしまうことがありました。

OLTAはすべてAIによる審査可否を行っているため面談が必要なく、必要書類もすべてWEB上にアップロードするだけでOKなので非常にスピーディにファクタリング可能です。

そのため最短で即日振込も可能、審査結果は24時間以内にメールが届きます

2社間ファクタリングのため取引先に知られない

OLTAは2社間ファクタリングのみ取り扱っています。2社間ファクタリングでは、利用者とOLTAでの取引となるため、売掛先には知られることなくファクタリングができます。

基本的に2社間ファクタリングでは取引先に知られないのが特徴ですが、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記が必要になるところがあります。

債権譲渡登記をしたからといって必ず売掛先にバレるというわけではありませんが、法務局で概要記録証明書を見るとバレてしまうため、バレたくないのであれば避けた方が良いでしょう。

OLTAは債権譲渡登記を必要としない2社間ファクタリングですので、取引先にバレることがありません。

個人事業主・フリーランスでも利用できる

ファクタリング会社によっては法人化されていないと利用ができないところも多くあります。

しかし、OLTAは個人事業主やフリーランスでもファクタリングを利用できます

専業ではなくても、会社員で副業をしていて開業届を出しているのであれば、問題なく請求書を買い取ってもらえます。

ただし、開業届を出していて4か月以上の事業の入出金実績があることが必須となります。

開業したばかりの個人事業主は申し込みができないので注意しましょう。

\ AI審査で面談無し即日入金!手数料業界最安! /

OLTA(オルタ)の悪い評判・注意点

請求書の買取金額の制限がなかったり、手数料が低かったりと、メリットの多いOLTA。

あえてデメリットも探してみました。

審査がやや厳しく、状況によっては電話インタビューがある

手数料が低いファクタリング会社は審査が厳しくなる傾向があります。

OLTAも例外ではなく、面談無しで申込から振込までオンラインで完結できるようになっている反面、AIの審査基準は厳しめで、審査状況によっては電話でヒアリングがあります。

電話は面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、これはAIで機械的に審査落ちさせているのではなく、本当に買取れない請求書かどうかを確認しているという面があるので逆にポジティブに捉えるべきでしょう。

電話ヒアリングの内容も審査の一環に含まれるので、申し込み後はなるべく電話を受けられる状態にしておくと良いでしょう。

OLTA(オルタ)と他ファクタリング会社との比較

OLTAには「上限手数料が9%」「開業して4か月での利用可能」「買取額の制限なし」といった特徴があります。似ている他社ファクタリング会社と比較してみました。

サービスanewのロゴPAYTODAY
ベストファクターアクセルファクター
手数料2〜9%2~9%1%〜9.5%2%〜20%2%〜
入金スピード最短即日振込最短即日振込最短30分最短1時間最短3時間
オンライン完結
(全国OK)
対象法人、個人事業主、フリーランス法人法人、個人事業主、フリーランス法人、個人事業主、フリーランス法人、個人事業主、フリーランス
取扱サービス2社間2社間2社間2社間2社間/3社間
審査通過率記載なし記載なし記載なし92.25%93%
最低買取額下限なし下限なし10万円30万円下限なし
最大買取額上限なし上限なしなし1億円1億円
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

手数料が低いと評判の5社を比較すると、OLTAとanewが2%〜9%で業界最安の水準でした。ただし、anewは法人のみという点に留意する必要があります。PAYTODAYは上限手数料こそ0.5%違うものの、下限手数料は1%のため、相見積もりの対象にしても良さそうです。

ベストファクターは開業まもなくても利用OK、アクセルファクターは上限手数料は設定されていませんが、高い審査通過率早い入金スピードで、こちらも比較検討の余地がありそうです。

比較ポイント
  • 10%未満の手数料で比較検討するなら、OLTA、anewPAYTODAYの3社。
  • 入金スピードを重視するならPAYTODAYが候補。
  • 開業まもないならベストファクター、4か月以上経っているならOLTAがおすすめ。

OLTA(オルタ)の利用手順

OLTAを利用する流れを解説します。

STEP
会員登録

まずは下記の赤いボタンからOLTAの公式サイトに行き、会員登録をします。

\無料見積もり!/

会員になるときに費用は一切かからないため、「急いで利用するつもりはないけど万が一に備えて登録だけしておきたい」と

いう場合でも大丈夫です。

事前審査後に顔つきの本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)を提出します。

STEP
書類の提出

必要書類を用意します。

OLTA必要書類
  • 昨年度の決算書一式(貸借対照表、損益計算書、勘定科目明細)、個人事業主は確定申告書B第一表
  • 入出金明細(保有する銀行口座の入出金明細直近4か月分)
  • 売却予定の請求書

書類はすべてWEBでアップロードします。

対応ファイルは(PDF/Excel/PNG/JPEGなど)となっています。

STEP
見積もり/振込

独自のAI審査で買取可否を判定。見積もり結果は24時間以内にメールにて通知されます。

OLTA(オルタ)の口コミ・評判

OLTAの口コミを探してみると、GoogleマイビジネスとTwitterにて見つけることができました。

オルタは神対応です。助けてもらいました。ありがとうございます。

電話対応も良く、すぐに入金いただけた。素晴らしいサービス。

Googleマイビジネスでは対応の良さについて評価をされている方がいました。

OLTAは何回か申し込んだことがありますが、意外と審査が厳しいですね。 なかなか通らないです。

Twitter

OLTAの審査について”厳しい”との評価をされていました。OLTAのファクタリングは開業して4ヶ月の入金実績がある個人事業主でも利用できるのが特徴です。

ファクタリングは手数料が低めのところは審査が厳しくなる傾向があります。不安であればOLTA以外にも申込みをしてみて、相見積もりをとってみても良いですね。

OLTA(オルタ)はこんな人におすすめ!

OLTA(オルタ) は下記のような方にお勧めです。

  • 中小企業経営者
  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 副業で開業している会社員
  • 他社ファクタリング利用中で手数料が高いと悩んでいる人

中小企業経営者はもちろん、開業して4か月以上のフリーランスや、会社員の副業でも問題なく利用できます。

ファクタリングは手数料こそかかりますが、カードローンやキャッシングのような高い利息ではないですし、信用情報にも掲載されないので、資金繰りが苦しい時に利用しやすい制度です。

OLTAを利用する人の参考になれば幸いです。

\ ファクタリング業界大手の安心感! /

当サイトで紹介するファクタリング会社は入念に調査したうえでおすすめしておりますが、時差による変更点、間違い等ある可能性はゼロではありませんので、可能な限り複数社に相見積もりし、比較して一番コストパフォーマンスの優れているファクタリング会社を選ぶようにしてください。それが一番安全なファクタリングの利用方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次