ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

他社利用中だけどファクタリング会社の乗り換えはできる?デメリットは?

他社利用中でもファクタリング乗り換えはできる
  • ファクタリングを利用しいるが手数料が予想以上に高かった…」
  • 「手数料の他にも登録免許税や司法書士手数料等色々かかった…」
  • 「担当者がこちらの状況をきちんと把握できてない気がする…」

現在利用しているファクタリング会社に不満を持っている人も多いのではないでしょうか?

もし現在よりも良い条件のファクタリング会社があれば、乗り換えたいところですよね。

本記事では、他社利用中のファクタリング会社の乗り換えについて、メリットや注意点、乗り換え割のあるファクタリング会社をご紹介します。

この記事の簡単なまとめ
  • 他社利用中だけどファクタリング会社の乗り換えは可能
  • ファクタリングの乗り換えで手数料等のコストを抑えられる可能性が高い
  • ファクタリングの乗り換えは審査に不利になるケースもある
  • 乗り換え割引を積極的に行っているファクタリング会社も存在する
乗り換え割引ありのファクタリング会社
  • MSFJ
    他社からの乗り換えで手数料50%割引
    最小1.8%、上限9.8%と業界最低水準の手数料
    最短即日資金調達(最短60分)
    手数料以外の費用は一切発生しない

  • ネクストワン
    他社からの乗り換えで平均10%手数料が安くなキャンペーンあり
    オンライン/オフライン、2社間/3社間と柔軟に対応可
    3社間手数料1.5%~5%、2社間手数料5%~12%
    税金滞納・業績悪化・赤字決算・債務超過でも利用可能

  • ファクタリングのTRY
    他社からの乗り換えで手数料3%割引
    LINEや電話でも24時間365日受付対応
    入金まで最短即日
目次

他社利用中でもファクタリング乗り換えはできる!

「現在お世話になっているファクタリング会社があるけれど、手数料が高く、調べてみると他に手数料が低いファクタリングがあるから乗り換えたい。乗り換えはできるのか?」という疑問をよく耳にします。

結論から言うと、ファクタリングの乗り換えは可能です。

他社利用中でもファクタリングを乗り換えすれば、手数料や諸経費などのコストを大きく抑えれる可能性があります。

乗り換え先のファクタリング会社によっては「乗り換え割引キャンペーン」を行っていたり、手数料が安くなったり、債権譲渡登記が不要になったりと、現在より良い条件でファクタリングが利用できます。

他社利用中にファクタリングを乗り換えするメリットや、気を付けるべきポイントを次で解説していきます。

他社利用中にファクタリングを乗り換えするメリット

他社利用中にファクタリングを乗り換えするメリット

他社利用中にファクタリングを乗り換えする一番のメリットは手数料を下げられることにありますが、他にもメリットはあります。一つずつ解説します。

手数料が下がる

他社利用中にファクタリングを乗り換えする一番のメリットは手数料が下がることです。

他社ファクタリングに乗り換えをする一番の目的は手数料の減額が多いことと思われます。

一部のファクタリング会社では乗り換えによる手数料割引キャンペーンを行なっており、大きいところですと10%以上が減額されることもあります。

諸経費がかからなくなる

今お使いのファクタリング会社は、手数料の他に印紙代や出張費、事務手数料などの余計な経費がかかっていませんか?

他社ファクタリングに乗り換えすることによって、こうした諸経費がまるまるカットされる可能性があります。

良い担当者にあたる

ファクタリングでは担当者との相性も重要です。現在のファクタリング会社で対応に疑問を感じている方や、あまり良いサービスを受けていないと感じた場合は、乗り換えにより良い担当者に当たる可能性も高くなります。

ファクタリング会社によっては経営相談事業マッチングを行なってくれるところもあり、資金調達のみならず経営のサポートを受けられます。

債権譲渡登記をしなくてもよくなる

現在2社間ファクタリングを利用していて、債権譲渡登記をしている場合は、乗り換えることによって債権譲渡登記が不要になるケースもあります。

債権譲渡登記はファクタリング会社にとってはメリットのあるものですが、利用者にとってはほとんどメリットがないものに近しいです。登記費用や司法書士報酬などの余計な経費も発生します。

登記不要のファクタリング会社に乗り換えることによって、登記にかかる費用をカットできます。

ただし、債権譲渡登記は利用者が法人のみの場合に発生するため、自営業、個人事業主、フリーランスの場合は債権譲渡登記は必要ありません。

他社利用中にファクタリングを乗り換えするデメリット

他社利用中にファクタリングを乗り換えするデメリット

ファクタリング会社の乗り換えするデメリットや注意点を見てみましょう。

審査に不利になる可能性

もしこれから銀行融資やビジネスローンの審査を控えている方は、他社乗り換えによって審査が不利になる可能性があることも注意しておく必要があります。

ただし、審査が不利になる状況は乗り換え先のファクタリング会社で債権譲渡登記が必要となった場合です。

融資の審査時には会社の登記情報なども調査される可能性があります。ファクタリングで債権譲渡登記した場合は、法務局にて誰でも閲覧ができます。

もし現在利用中のファクタリング会社で債権譲渡登記をしている場合、乗り換えによって登記を避けることができれば、堂々と融資の申し込みができることでしょう。

他社利用中にファクタリングを乗り換えする注意点

二重譲渡をしないよう気を付ける

ファクタリングの乗り換えでとくに注意したいのが二重譲渡です。

二重譲渡は一つの売掛債権を複数のファクタリング会社に売って資金調達する行為です。

二重譲渡すると利用者側は2倍のお金を受け取ることができますが、これは詐欺罪や横領罪に問われる可能性があります。

もし債権譲渡登記をしていた場合、未払いが発覚したことを受けて、該当する売掛債権が登記がされているかを法務局で確認すれば、簡単に二重譲渡がバレてしまいます。支払い期日にファクタリング会社に払えないリスクもあるため、絶対に行ってはいけません。

乗り換え時には二重譲渡にならないよう、細心の注意を払いながらファクタリングを利用しましょう。

債権譲渡登記があるかを確認する

ファクタリングを乗り換えする際は、乗り換え先で債権譲渡登記があるかどうかも確認しておきましょう。

債権譲渡登記は2社間ファクタリングを利用する法人が対象です。

債権譲渡登記が必要になると、法務局にて開示請求をすれば誰でもその記録が見れるため、2社間ファクタリングの特徴でもある「売掛先にバレない」というメリットがなくなってしまいます。

さらに、登記に必要な費用も発生します。司法書士に依頼する形になれば平均5万円〜10万円ほどの報酬が必要です。

せっかく乗り換えによって手数料を下げることができても、債権譲渡登記が必要であれば、余計な費用が発生してしまいます。

乗り換え先のファクタリングは債権譲渡登記のある契約かどうか、無料見積もりの時点で確認しておきましょう。

乗り換え割のあるファクタリング会社

乗り換え割のあるファクタリング会社

ファクタリングの乗り換えにおいて、手数料の割引など優遇措置のあるファクタリング会社を4社厳選しました。

【乗り換え50%割引】MSFJ株式会社

ファクタリング会社のMSFJ
MSFJの特徴
  • 乗り換えで手数料50%割引
  • 審査通過率90%以上
  • 入金スピード最短3時間
  • 最低買取額10万円

MSFJ株式会社のファクタリングは乗り換えに強く、手数料50%割引のキャンペーンを行なっています。

もともとMSFJ株式会社の手数料も低く、最小1.8%、上限9.8%とファクタリングの中でもトップクラスの低手数料です。

審査通過率が高く、さらに買取額が10万円〜5,000万円までと幅広いため、乗り換えしやすいのが特徴と言えます。

MSFJ株式会社では債権譲渡登記を留保することが可能です。2社間ファクタリングを登記不要で利用したい場合は、無料相談の時点で担当者に伝えておくと良いでしょう。

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

【乗り換え平均10%割引】ネクストワン

ネクストワン
ネクストワンの特徴
  • 乗り換えで平均10%手数料DOWNの実績
  • 乗り換えのお客様満足度98%
  • 最短即日入金OK
  • 2社間の手数料は5%〜10%、3社間も対応可
  • 法人のみ

ネクストワンは「赤字や債務超過でも資金調達を必ず成功させます」と強い言葉が非常に頼りがいのあるファクタリング会社です。

月間50件以上の乗り換え受付をしており、手数料が10%ほど安くなっている実績もあります。

地方に住んでいる方でも安心のオンライン完結もうれしいポイント。注意点としては、個人事業主やフリーランスは利用できず、法人のみが対応となっています。

ネクストワンでは基本的には債権譲渡登記が原則必須ですが、利用者の状況によって対応が変わってきます。気になる方は他社と相見積もりをとってみると良いでしょう。

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

【乗り換え3%割引】ファクタリングのTRY

ファクタリングのトライ
ファクタリングのTRYの特徴
  • LINEや電話でも24時間365日受付対応
  • 入金まで最短即日
  • 他社乗り換えで手数料3%割引
  • コンサルティングやマッチングサービスなどファクタリング以外のサービスも充実

ファクタリングのTRYは法人のみならず、個人事業主、フリーランスも利用できるファクタリングです。

他社乗り換えで手数料3%割引のキャンペーンを常時行なっているのが特徴です。

ファクタリングのTRYでは債権譲渡登記が必要ないため、現在利用しているところが債権譲渡登記を必要としている場合、登記に係る費用がまるまるカットされます。

\ AI審査で圧倒的な早さと安さ!登録&審査無料! /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

まとめ

他社利用中にファクタリングを乗り換えるメリットや注意点、乗り換え割のあるファクタリング会社4社と、それぞれ債権譲渡登記があるかどうかをまとめました。

現在使っているファクタリングの手数料や諸経費が高く、資金繰りの改善に役立っていないと感じたときが乗り換えのタイミングです。

記事内で紹介したファクタリング会社は手数料割引や登記不要のところもありますので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次