MENU
少額取引の方へ
  • もし貴方の請求書が25万円以下なら…ペイトナーファクタリングがおすすめ!
  • 審査~入金まで最短10分(※業界最速)、手数料一律10%で調達額の予測を付けやすく、全ての業種で利用可能!
  • 電話やメールでのやり取り不要、ユーザーの負担が少なく、とにかく簡単に利用できるところが強み
  • 今利用しなくとも、アカウント登録は先に済ませておくといざという時にすぐにファクタリングできて便利です!

\ 審査たったの10分24時間即時出金! /

※アカウント登録無料!

ジャンル別おすすめ優良ファクタリング会社比較ランキングはこちら!<詳しくはここをクリック!>

マネーフォワードのファクタリングサービスの口コミ・評判・他社との比較【アーリーペイメント】

マネーフォワードアーリーペイメント

当サイト「ファクタリング情報センター」は安心してファクタリングを利用する為の情報サイトです。
ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが直接取材や公式HP、金融庁法務省のHP等、信頼できる情報ソースを元に行政書士や弁護士の監修を受けた上でコンテンツを制作しています。詳細はこちら

マネーフォワード アーリーペイメントは、東証プライム上場企業「マネーフォワード」の100%小会社が運営しているファクタリングサービスです。

本記事では、マネーフォワード アーリーペイメントの特徴やメリットやデメリット、他社との比較、評判から口コミまで徹底紹介します。

マネーフォワード アーリーペイメントでファクタリングの利用を検討している方は是非参考にしてください。

この記事の簡単なまとめ
  • マネーフォワード アーリーペイメントは注文書ファクタリングも対応可能!
  • 入金スピードは初回で最短5営業日、2回目以降は最短2営業日
  • 数億円規模の資金調達も可能
マネーフォワードアーリーペイメント

\ 東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引 /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

マネーフォワード アーリーペイメントと特徴が似たファクタリング会社は下記でも紹介しています。

目次

マネーフォワード アーリーペイメントとは?どんなファクタリングサービス?

マネーフォワード アーリーペイメントの特徴

マネーフォワード アーリーペイメントとは、東証プライム上場企業である「株式会社マネーフォワード」の100%子会社によるファクタリングサービスです。

  • 法人のみ利用可能
  • 全国対応(オンライン完結OK)
  • 手数料上限は10%
  • 最大買取額が数億円規模

このようなファクタリングサービスとなっています。

ここだけは押さえておきたい! マネーフォワード アーリーペイメントの特徴

お忙しい方の為にまずは特徴を簡潔に記載します。

もし気になりましたら無料見積もりをしてみてください。

マネーフォワード アーリーペイメントの特徴
マネーフォワードアーリーペイメント
メリット
  • 東証プライム上場企業の100%子会社で安心!
  • 注文書ファクタリングも利用できる!
  • 数億円単位の利用OK!
  • 手数料の上限が設定されている
デメリット
  • 個人事業主や合同会社は利用不可
  • 必要書類が多い
手数料 初回2〜10%、2回目以降1〜10%
入金スピード初回5営業日、2回目以降最短2営業日
オンライン対応(全国)
対応地域 全国
対象 法人のみ
取扱サービス 2社間ファクタリング(取引先へ通知不要)
最低買取額 50万円
最大買取額 数億円

\ 東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引 /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

企業情報詳細

商号マネーフォワードケッサイ株式会社
設立日2017年3月
代表取締役冨山 直道
本社所在地東京都港区芝浦3丁目1番21号msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21階
事業内容企業間あと払い決済サービス「マネーフォワードケッサイ」
売掛金早期資金化サービス「マネーフォワード アーリーペイメント」の開発・提供

マネーフォワード アーリーペイメントの良い評判・注目ポイント

マネーフォワード アーリーペイメントのメリット・注目ポイント

マネーフォワード アーリーペイメントには、従来のファクタリングサービスにはないような様々な注目ポイントや良い評判があります。

順番に見ていきましょう。

東証プライム上場企業の100%子会社で安心!

マネーフォワード アーリーペイメントは、その名の通り「マネーフォワード」の関連企業で、100%子会社です。

株式会社マネーフォワードは東証プライム上場企業。そのため、子会社である「マネーフォワード アーリーペイメント」も安心して利用できるといえます。

注文書ファクタリングも利用できる!

従来のファクタリングは案件が終了した段階での資金調達です。

しかし、最近のファクタリングでは業務遂行前のいわゆる「注文書ファクタリング」も登場してきました。「注文書ファクタリング」もマネーフォワード アーリーペイメントは取り扱っています。

「注文書ファクタリング」は案件が始まる前の「注文書」や「発注書」の段階で資金調達ができるため、人件費や必要経費が原因で手を出せなかった案件も引き受けることができるようになります。

数億円単位の利用OK!

マネーフォワード アーリーペイメントは売掛債権の最高買取額が「数億円」と、ファクタリング業界でもトップクラスの買取額となっています。

他のファクタリング会社では5,000万円、もしくは1億円を上限としていることが多く、「数億円」とはっきり明示しているところは珍しいと言えるでしょう。

手数料の上限が設定されている

マネーフォワード アーリーペイメントの手数料は高くても10%です。

この手数料の最大値は、他のファクタリングと比べても大きく違いはありません。ですが、ファクタリング業者によっては手数料の他に諸経費がかかってしまうことが多々あります。

マネーフォワード アーリーペイメントの場合、手数料以外の諸経費はかからないため、最高でも表示されている10%以上の手数料は取られない形になっています。安心して利用ができると言えるでしょう。

\ 東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引 /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

マネーフォワード アーリーペイメントの悪い評判・注意点

マネーフォワード アーリーペイメントのデメリット・注意点

マネーフォワード アーリーペイメントは有名な「マネーフォワード」の子会社であり、安心してファクタリングが利用できるのが特徴です。

しかし、悪い評判も少なからずありますので、ここではマネーフォワード アーリーペイメントの注意点をみてみます。

個人事業主や合同会社は利用不可

マネーフォワード アーリーペイメントは個人事業主やフリーランス、合同会社のファクタリング利用はできません。株式会社のみとなっています。

昨今では個人事業主が利用できるファクタリングも増えてきているため、この点はデメリットに感じることでしょう。

個人事業主、フリーランスの方は下記記事もご参考ください。

必要書類が多い

マネーフォワード アーリーペイメントは申し込みの際の必要書類が他社ファクタリングに比べて多めです。

基本的に他のファクタリングでも代表者の身分証明書、売掛債権の証憑は必要ですが、マネーフォワード アーリーペイメントはそれ以外にも「直近6ヶ月分の入出金明細」や「直近の残高試算表」「決算書一式(2期分)」が必要です。

用意する書類が多いため、早期の現金化を希望される方は、あらかじめこれらの書類を用意しておくと申し込みがスムーズに進むでしょう。

他ファクタリング会社との比較

他ファクタリング会社との比較

マネーフォワード アーリーペイメントは「 企業の信頼性が高い」「 手数料が安い」「 数千億円のファクタリングも可能」「 注文書ファクタリングも利用できる」という特徴がありますが、似たような特徴のファクタリング会社と比較してみました。

サービスマネーフォワードアーリーペイメントベストペイビートレーディングlogo anewのロゴ
信頼性東証プライム上場企業100%子会社業界大手
累計問合せ数10.9万件
累計取扱高688億円
業界大手
新生銀行と共同運営
手数料初回2〜10%
2回目以降1〜10%
5%~2%~2%~ 2~9%
入金スピード初回5営業日
2回目以降最短2営業日
最短翌日最短12時間最短3時間
遅くとも翌日
最短即日
24時間以内に審査完了
オンライン完結
(全国OK)
対象法人のみ 法人、個人事業主、フリーランス 法人、個人事業主、フリーランス 法人、個人事業主、フリーランス 法人のみ
取り扱いサービス2社間ファクタリング
注文書ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
注文書ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
注文書ファクタリング
2社間ファクタリング
3社間ファクタリング
2社間ファクタリング
審査通過率記載なし 92.25%
※運営の「ベストファクター」の審査通過率
98%93%記載なし
最低買取額50万円100万円10万円下限なし下限なし
最大買取額数億円3億円7億円1億円1億円
詳細記事 詳細を見る 詳細を見る詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

抑えるべきポイントは下記の通りです。手数料の上限値はマネーフォワード アーリーペイメント以外にも「anew」が設定されており、「9%」とわずかですが低めです。ですが数億円規模の資金調達ができる点ではマネーフォワード アーリーペイメントが優位となっています。

比較ポイント
  • 注文書ファクタリングが利用できるところで手数料上限が設定されているのは「マネーフォワード アーリーペイメント」のみ
  • 入金スピードが最短即日、遅くても翌日振り込みが多い中、「マネーフォワード アーリーペイメント」はやや遅めの傾向。
  • 最大買取額は「マネーフォワード アーリーペイメント」が一番大きくできると予想。

マネーフォワード アーリーペイメントの利用手順

マネーフォワード アーリーペイメントの利用手順
STEP
申し込み

下記の赤いボタンからマネーフォワード アーリーペイメントの公式サイトへ飛び、申し込みします。

この時点で下記のに審査必要書類を用意しておくと、審査がスムーズになります。

審査に必要な書類
  • 決算書一式(2期分)※貸借対照表、損益計算書、勘定科目内訳表、税務申告表含む
  • 直近の残高試算表(可能であればExcel、難しければpdfでも可)
  • 買取希望債権の証憑(取引先名、取引内容、債権金額、支払日等が確認できるもの)
  • 入出金明細(直近6ヶ月分)※事業で利用している全金融機関口座の入出金明細6ヶ月分
STEP
審査

②審査結果が出るまではおよそ2〜3日。

無事に審査が通ったら、見積もり結果が表示されます。

STEP
契約

見積もり結果に納得したら、契約手続きへ。

初回は5営業日、2回目以降は最短2営業日で振り込まれます。

マネーフォワード アーリーペイメントの口コミ・評判

マネーフォワード アーリーペイメントの口コミ・評判

マネーフォワード アーリーペイメントの口コミ・評判をSNSやGoogleマイビジネスで探してみたのですが見当たらなかった為、今回はマネーフォワード アーリーペイメントの公式に記載されている「成功事例」をピックアップしました。

内装施工企業さま

ファクタリングご利用の実績
案件着手〜代金入金まで数か月かかる一方で、外注加工費・材料費などの支払いが先行する。大規模案件の場合、手元キャッシュが薄くなる。

ファクタリング活用による成果
手元キャッシュを厚くすることができ、複数の大規模案件の受注の際も、資金繰りが安定した。

引用元:マネーフォワードアーリーペイメント公式

約1,500万円の債権を買い取ってもらい、およそ50日の早期資金化に成功しました。

内装など建築・建設関連は発注から入金までの期間が長いため、ファクタリングによって手持ちのキャッシュを多めに持っておくことができます。

アパレルデザイン企画企業さま

ファクタリングご利用の実績
大手企業からの案件を受注しているが、一方で案件期間が長く、かつ先行する支出により、資金面の問題で案件を受注できない可能性があった。

ファクタリング活用による成果
資金繰りの安定により、大規模案件であっても受注が可能になった。

引用元:マネーフォワードアーリーペイメント公式

こちらの方は約150日の早期資金化に成功しました。

いずれの口コミでも共通するのは、従来の請求書発行のタイミングでのファクタリングではなく、注文書発行の時点でファクタリングをしていること

資金化までの期間を短縮することにより、発注に必要な経費や人件費などに影響を与えず、スムーズに業務に移ることができます。

\ 東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引 /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

マネーフォワード アーリーペイメントはこんな人におすすめ!

マネーフォワード アーリーペイメントはこんな人におすすめ!

マネーフォワード アーリーペイメントは下記のような方にお勧めです。

  • 法人企業
  • 信頼できるファクタリング業者に依頼したい人
  • 低い手数料のファクタリングを探している人
  • 数億円規模のファクタリングを考えている人
  • 発注段階での資金化を考えている人
  • 資金調達まで5日程度の余裕がある人

マネーフォワード アーリーペイメントは法人のみ利用できるファクタリングです。

利用者は限定されてしまいますが、手数料が低く設定されていて、数億円規模の調達もできるため、使いやすいファクタリングと言えるでしょう。

初回では振込まで5営業日が必要ですが、2回目以降は最短2営業日の対応もしてくれます。

また、発注段階での資金化(注文書ファクタリング)も行っているため、ニーズに合わせて利用することができます。

マネーフォワード アーリーペイメントの利用を検討している方の参考になれば幸いです。

\ 東証プライム上場企業の100%子会社で安心取引 /

(※見積り結果に満足いかなければキャンセルOK)

当サイトで紹介するファクタリング会社は入念に調査したうえでおすすめしておりますが、時差による変更点、間違い等ある可能性はゼロではありませんので、可能な限り複数社に相見積もりし、比較して一番コストパフォーマンスの優れているファクタリング会社を選ぶようにしてください。それが一番安全なファクタリングの利用方法です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ファクタリング会社での勤務経験を持つライターが、公式HP、直接取材、金融庁、法務省のHP等信頼できる情報ソースを元に、資金調達に強い宮城彩奈行政書士(行政書士さい事務所)の監修を受けた上で分かりやすく執筆しています。

助成金・補助金などの資金調達をご希望の方は行政書士さい事務所へお問い合わせください。

目次